開店祝・開業祝について

独立・開業・起業に役立つ情報が満載! 独立開業.bizへようこそ。
ここは開店祝・開業祝について説明するページです。新規開店祝、開業祝の際の贈答マナーから、こんな贈り物が喜ばれるのでは?という贈答品など紹介しています。

意外と知らない?開店祝・開業祝のマナー

毎回頭を悩ます慶事のマナー。開店祝・開業祝の場合は次のような常識になっているようです。

開店祝・開業祝のお祝いを贈るタイミング

開店・開業日1週間前から当日までに贈るか、開店・開業記念のパーティなどがあればその時に持参します。
開店花、花輪などは、開店当日に贈ります。

※お返しは記念祝賀パーティに招いて引き出物として贈るか、開店・開業後、1週間前後に送ります。

贈答の表書き・水引きについて

贈答の際の表書きなどは次のようにします。

【贈るマナー】

水引……紅白の蝶結び
のし……あり
表書き……御祝・御開業・開店御祝・祈御発展など

【お返しのマナー】

水引……紅白の蝶結び
のし……あり
表書き……内祝

何がうれしい??開店祝・開業祝の贈り物

知人がカフェを開店した!行政書士事務所を開業した!
そんな嬉しいお知らせをもらって、悩むのが開店祝いや開業祝い。

どんなものを贈れば実用的で、喜ばれるのか、結構頭を悩ますものです。
一般的な傾向と、これはいいのでは?というものを独断で選んでみました。

お祝い金を贈る場合の目安

お祝い金を贈るときの目安の金額です。あくまでも参考ですので、迷った場合には少し多めに包むとよいでしょう。
また、身内の場合は、物よりもお金のほうがありがたいようです(何かと物入りですし)。

贈る側 贈る金額
10,000円程度
子供 10,000円程度
祖父母 10,000円程度
兄弟姉妹 10,000円程度
友人、知人 10,000円程度
その他親戚など 5,000円程度

贈答品を贈る場合

一般的に多いのは観葉植物、生花、開店祝の花輪などのフラワーギフト類。
グッズであれば、時計、花瓶、パーティに出席するのであれば、お酒など。
縁起の良いものがいいそうです。

お返しには、数千円程度の物を選びます。
開店・開業の祝賀パーティがあれば引き出物として招待客に記念品を贈ります。ボールペンやタオルなど、社名や店名を入れると宣伝効果にもなりますよね。

ちょっと面白い開店祝・開業祝の贈り物)

▲開店祝・開業祝についてトップへ